団子はもう一度古臭い

近年食べたみたらしが柔らかかったのです。どれくらい瑞々しいかというと、月見団子ぐらい。歯にべったりと張り付く柔らかさだ。ひとまず火においているわけですから、火としてない団子と同じじゃよくないと想うわけですよ。とはいっても、焼き加減はお暖簾の持ち味があるからね。買ったのがついつい軟らかいお暖簾だったのかなと思って最終対決。そしたら二軒視線のお暖簾も、最初軒視線と同じぐらいの柔らかさ。うーんといった考え込んでしまいました。それでも二軒続いて軟らかいということも百分比チックにないわけじゃないですからね。次は大丈夫だろうと思って違うお暖簾で買ってみたら、もちろん軟らかい。三回貫くといったこれは最近のパーセンテージなのかなとしてしまいました。今は食生活一切柔らかくなっていますからね。肉も野菜も。それでも柔らかければいいってものじゃないというのです。自分の位置付ける、理想のみたらし団子って、外部はかりっとしていて、噛むとちょっと張りがあるはなんですが、そんなみたらし団子はもう一度古臭いのかな。串にもきちんと焦げ目がついてるぐらいのものがいいのですが、どこかにありませんかね? お暖簾で可愛らしく焼いてと言えばいいのかもしれませんね。みたらしのウェルダン下さいなんてね。公式サイトはコチラ