乳幼児の前進を把握まん中だ

幼児がこの春小学生に入学しました。
昼前は部族登校で、民家の近くの控え室から1年生から6年生までみんなで行くので安心なのですが、帰りは主流1年生だけ。
まっ最中まではお近辺と一緒でも、離れたのち最適キロをみずからあるくことになります。
ひとまず防犯ベルを持たせていますし、幅広いルートをあるくので周囲もあるし、滅多なことは起こらないというのですが、何とか心配で…
少なくとも4毎月の間はまっ最中まで迎えに行こうとしていたのですが、入学ウィーク目にして自己に「来なくてすばらしい」と言われてしまいました。
今はみずからきちんと帰ってきてある。
でも、もう学業を出たうちかなとか、目下あの近くを歩いているかなとか、帰って来るまではちょっとドキドキしながら待っています(笑)
からきし身の回りを見ない子供なので、車にぶつかってないかとか、路上を間違えてないかとか、何だかんだ考えてしまって… 過保護なんでしょうか?
出掛ける時はいつも作戦をつなぎたがる甘えっ子だと思っていたのですが、こういう短期間で物凄く成長したような気がします。
おのずとお姉さんになっちゃって、頼もしいようなうら淋しいような、大いに複雑なムード…
育児していたらこれから先も、何度もこのムードを食らうんでしょうね。愛人募集・愛人契約で詐欺に遭わないために